バウハウスデザインの高性能デザイナーズ住宅が手に届く価格の理由

住宅性能「結露を防ぐ」住宅性能「結露を防ぐ」

乾燥状態を保ち、カビやダニの発生を抑える

木は耐久性に優れた建築材料ですが、その特性を損なう原因の一つが「結露」。結露は物質の表面や内部で空気中の水蒸気が凝縮する現象のことで、「表面結露」と「内部結露」に分類されます。

壁や窓などの表面で発生するのが表面結露で、カビやダニの発生原因にもなって住む人の健康状態に影響します。

そして、室内で暖められた空気が壁の中に侵入して発生するのが内部結露。この状態が長引くと木材に含まれる水分が増加して「木材腐朽菌」を繁殖させ、木材を腐らせてしまいます。これを防ぐには断熱・気密・換気に配慮しなくてはなりません。

当社で採用している独自開発の「R+パネル」は、水分を通しにくい断熱材(硬質ウレタンフォーム)が水蒸気の侵入を防ぎ、それでもわずかに透過した湿気は通気層から吐き出して躯体内の乾燥状態を保ちます。さらに計画的な機械換気で、常に最適な湿度に保たれるように設計されています。

pagetop