メイン写真メイン写真

セルフビルドも思い出。光に満ちた伸びやかな25畳のLDKがある家Works Case#01 川崎多摩M様邸

高気密高断熱とアトリエ建築家のプランニングの2点がM様がバウハウスデザインを選ばれた決め手。光に満ちた25畳の1階LDKは、ほぼ1ルームの伸びやかな空間。奥様お気に入りの白いアイランドキッチンとご主人が惚れ込んだ無垢のブラックウォールナットフローリングの対比が印象的。床は、ご夫婦とご友人の協力で無塗装の素材にオイルを塗って仕上げました。

LDKにはホームパーティ―にも活躍する薪ストーブを設置。火入れすると室内全体が心地よい暖かさに包まれるのは高気密高断熱ならではの体感。「友人たちと家づくりに参加できたことがとても良い思い出です。」と嬉しそうに語って下さいました。

【基本情報】

  • 敷地面積/245.82m²(74.36坪)
  • 延床面積/127.42m²(38.54坪)
  • 家族構成/夫婦2人、犬1匹
  • C値:0.3cm² / m²
  • Ua値:0.48W /(m²・K)

「高低差というデメリットを活かす設計」

建築家/登田 圭吾(THIS ONE DESIGN OFFICE)

登田圭吾 写真

道路から2.5m下がったところが宅盤となる敷地条件。このプロジェクトは傾斜地に立地する難易度の高い設計となった。登田氏は、この高低差を活かしたプランニング挑むこととなった。最終的な案として提示したのが2階エントランス。2.5mという大きな高低差をいかし、玄関が2階になるという変則的な設計。逆に1m程度の小さな段差では生み出されない設計だった。植栽に囲まれたデッキ空間で暮らしたいという施主の要望を叶えるために、リビングは1階。玄関からリビングへ降りていくという特殊な設計となった。

エントランス側の外観は、1階部分が道路下に隠れる形となるため、平屋づくりに見えるファサード。玄関の中に入ってみて2階建ての構造だとわかるサプライズ的な設計になっていることも特徴の一つ。1階のリビングの中央には薪ストーブを配置し、2階の玄関脇をまっすぐ抜ける。煙突の抜き方から登田氏のユニークな発想力がうかがえる。

建築家プロフィール/登田 圭吾
LDK

LDK

床材には無垢のブラックウォールナットを使用。深みのある床の色が高級感を醸し出します。
キッチンやキッチン収納などは白で統一しまとまり感のあるLDKとなっています。

Dining Kitchen

Dining Kitchen

LDKの中心に薪ストーブを配置いたしました。キッチンの奥には大収納のパントリーを配置し、ウォークスルーできるようにしています。回遊性を確保した機能的で楽しい空間をつくりました。

Deck

Deck

緑をふんだんに配置したリビングデッキでは、大人数でバーベキューを楽しめます。デッキ材にはウリンを使用しています。ウリン材はメンテナンスフリーで長寿命です。

LDK

LDK

家具も床と同じくウォールナットで統一。多目的な空間でありながらも、床や家具などの素材を統一することで空間デザインはスッキリとした印象を与えてくれます。

Facade

Facade

建築地は道路から2.5メートル下がったところに位置していました。土地の高低差を活かした設計の答えは「2階が玄関」。道路側から見える家のファサードは、まるで平屋の佇まい。

Lighting

Lighting

テレビ側の壁面にはタイルをあしらいアクセント壁としています。天井に隠されたスクリーンを下げれば、大画面のシアター空間になります。周辺機器の大きさに合わせたオーダーメイドのTVデッキでスッキリ収納しています。

Kitchen

Kitchen

白を基調としたキッチン。大きなアイランドキッチンを配置し、週末は大勢の友達とホームパーティーを楽しむ。ダイニングとデッキの間のサッシは、フルオープンに引き分ける事ができ大空間で食を楽しむことができます。

Pantory

Pantory

あえてオープンにした大収納のパントリーは、モノの置き場がわかりやすく使い勝手がとても良い。ウォークスルーのパントリーにすることで家事動線がスッキリとします。

Bathroom

Bathroom

ユニットバスの窓の向こう側にはバルコニーを配置して植栽スペースとしました。四季を楽しめるプランターを置いてお風呂の時間を楽しみます。