メイン写真メイン写真

旗竿地のデメリットも建築家の発想でクリアした明るい家Works Case#04 川崎中原I様邸

川崎市中原区のI様邸。狭小旗竿地で周囲を住宅が取り囲む難しい敷地。ここに「明るくて広々と暮らせる空間を作りたい。」と希望されていました。建築家との綿密な打ち合わせを経て完成したのは、斬新な発想で難しい狭小旗竿地のデメリットを見事にクリアした家。2階リビングで通風・採光に配慮しながら、天窓やハイサイド窓でプライバシーを確保しつつも住宅密集地とは思えないほど明るい空間に仕上がりました。

無垢材をふんだんに使った造り付け棚や収納スペースで、あえて家具を置かないという暮らし方に。こうしてI様念願の広々とした明るい家が誕生しました。

【基本情報】

Kitchen

Kitchen

家の収納は全て造作家具。パイン材で統一した室内空間は同じ時を経て経年変化していきます。

Facade

Facade

外観はモルタルを基調とし、バルコニーの板塀がアクセントに。狭小な立地ながらも迫力のあるファサード。

Loft

Loft

勾配を活かした3階の空間は多目的空間。

LDK

LDK

狭小ならではの収納計画。小上がりの畳の下も収納として有効活用。バルコニーへの開き戸も木製サッシを使用し調和を図っています。

Living

Living

4畳の空間は、書斎であり、リビングであり、子供の遊び場。家族全員がくつろぐスペースに。