メイン写真メイン写真

テトラハウス~モチーフはテトラポット。施主と建築家の想いの相乗効果で生まれた、子供がのびのび育つ家Works Case#12 大和市つきみ野O様邸

この土地を買ったからこその建物にしたい。訪れる人に「あっ!」と思ってもらえるようなファサードにしたい。」これがO様のご要望でした。大和市つきみ野にあるこの土地は、旗竿地で、東側の遊歩道には桜、2Fレベルからは富山をも望める眺望豊かな立地。O様は、旗竿地の特徴である敷地入口通路から、奥に歩いていくと徐々に美しい家が姿を現すようなファサードの演出を希望されていました。

建築家がイメージしたのはなんと、海辺のテトラポット。誕生したのは、2F天守閣が特徴の個性的なフォルムの家。外構デザインまでトータルで計画し、施主と建築家の思いの相乗効果で誕生した「テトラハウス」は、結果、子供たちがのびのびと走り回れる広いウッドデッキやエントランスガーデンのある子育てにも最適な家となりました。

【基本情報】

  • 敷地面積/280.43m²(84.5坪)
  • 延床面積/99.37m²(30.0坪)
  • 家族構成/大人2人、子供2人
  • C値:0.36cm² / m²
  • Ua値:0.49W /(m²・K)

「旗竿地を魅力的に捉える」

建築家/石川 昂(アーキテクチャー・ラボ石川昂建築設計事務所)

石川昂 写真

長い敷地延長を抜けた先に大きく開けた特徴のある土地。旗竿地でありながら、奥に行くと富士山が見える特徴的な土地と石川氏は向き合う。敷地延長部分の隣の土地は桜の木のある公園となっており通路も開放的だ。春には2階の子供部屋から桜の木を望み、2階ホールは旦那様の書斎カウンターを設置して富士山が望めるように計画した。まさに天守閣にいるような気分になる。

1階のLDKからウッドデッキまで回遊できる設計にしたため、自然と家のカタチはテトラポッドのような形となった。玄関までの長い距離が楽しくなるような外構計画もしっかり設計する石川氏。家族みんなが楽しく住めるよう配慮した設計は家族のお気に入りとなった。

建築家プロフィール/石川 昂
FACADE-1

Facade_1

テトラハウスの最大の特徴、テトラポットなファサードデザイン。エントランスサイドの壁面に張った無垢のレッドシダーがアクセントに。ほぼ平屋の設計で天守閣を設けたユニークなデザイン。

Facade_2

Facade_2

玄関へのアプローチは、段差を活かし大きなコンクリート台を飛び石風に配置したゆるやかな階段と駐車場側からのスロープの2方向動線。

Facade_3

Facade_3

エントランスガーデンは子供たちの絶好の遊び場。ジャンプしたり、鬼ごっこしたり、競争したり。遊び方は自由。

Living Dining_1

Living Dining_1

つながり感と解放感を重視し設計されたリビングダイニング。吹き抜け空間からは一日中光が降り注ぎ、LDKによりいっそう広がりをもたらす。床は木目が美しく、色みの濃淡が魅力的なビビッドアカシアの無垢の幅広フローリングを選定。キッチンへと続く壁面はコーナーをRにし空間を柔らかく間仕切っている。

Living Dining_2

Living Dining_2

L型に配置されたリビングダイニングが奥行き感を演出し、暮らしのシーンにメリハリを創出。キッチンに立つとダイニングテーブルの向こうには開放的な吹き抜け空間が広がる。ダイニング横からウッドデッキへとつながる掃き出し窓は、リビング側からも出入り可能。ぐるぐる回れる回遊動線は、家事がはかどる動線であるとともに子供たちにとっても遊びが広がる嬉しい動線。

Kitchen

Kitchen

キッチンはホワイト×シルバーでいたってシンプル。床は濃いグレーのスレート風タイル張りでメリハリをつけたモノトーンでまとめる。キッチンサイドにはパントリーをつくり、冷蔵庫はパントリーへ設置。キッチンバックの生活感が出てしまう部分は引き戸で目隠し。すっきり収納。

Japanese Room

Japanese Room

リビングサイドには、家族でのんびりごろ寝ができる畳スペースを配置。インテリアに合わせて縁なし畳の色は淡いグレーを選択。多目的に使用できるくつろぎ空間に。

Kids Room

Kids Room

2F天守閣部分には、将来2部屋に仕切ることができるように工夫された広いスペースが。当面は広々キッズルームや多目的スペースに。隣接する公園の桜の木が見える絶妙な高さで設計された窓。階段ホールにはデスクコーナーを設置。ファミリーライブラリーとして活用。

Wooddeck_1

Wooddeck_1

無垢ウリン材の板塀でプライバシーを配慮しながらアウトドアリビングを満喫できるウッドデッキテラス。コーナー部分には、リビング側からの借景となるように植栽を配置。

Wooddeck_2

Wooddeck_2

ダイニングキッチン~ウッドデッキ~リビングへの回遊動線が魅力的な広々ウッドデッキテラスは、子供たちの嬉しい遊び場。バーベキューをしたり家族でくつろげるセカンドリビングに。

Owner

Owner

光が降り注ぐリビングのお気に入りソファーでくつろぐO様ご家族。キラキラした笑顔がとても印象的でした。