メイン写真メイン写真

コの字の設計で開放性のある明るいリビングとプライバシーを両立した家Works Case#15 横浜市青葉区M様邸

一番大切なことは開放感のあるLDKを実現すること。子供も大きくなってきて、家族の時間もそれぞれ尊重するようになってきた。それぞれの時間がありながらも家族のつながりが感じられる空間が欲しかった。

土地の特性を最大限に活かし、借景としてリビングに取り込める中庭を実現した設計は家族のお気に入り。外観は極めてシンプルで合理的なデザイン。外観からは内部の間取りを想像できない建築設計がポイント。

【基本情報】

  • 敷地面積/ 128.97m²(39.01坪)
  • 延床面積/97.08m²(29.37坪)
  • 家族構成/大人2人、子供2人
  • C値:0.2cm² / m²
  • Ua値:0.46W /(m²・K)

「北側リビングという答え」

建築家/河添 甚(河添建築事務所)

河添 甚 写真

敷地の特徴は、北側道路に面した長方形の整形地。道路と地盤面の高低差が1.5m程。南側には庭をゾーンニングし日差しの取り込みやデッキなどをつくりたいが、東側の隣地の庭と干渉してしまいあまりよくない環境にあった。河添氏は、施主とのコミュニケーションを丁寧に行い解決策を見出し、それが最大の魅力となる。

回答は北側リビング。北側が道路ということで、北側からは安定した光を入れることができると判断。南側の庭をあきらめることで中庭という魅力的な空間を提案。道路との高低差があるため、玄関までの階段アプローチは長めに取らなくてはならないため、玄関が南側に配置された。結果、中庭空間を通過してエントランスにたどり着くという風情をつくりだした。

建築家プロフィール/河添 甚
Facade_1

Facade_1

四角い白の箱に四角い窓が一つというシンプルなデザイン。プライバシーにも配慮された北側のファサード。

Facade_2

Facade_2

建物と外構をトータル的にデザイン。照明計画で夜のファサードを演出します。

Facade_3

Facade_3

あえて玄関を建物の一番奥に配置した奥行き感のあるエントランス計画。

InnerGarden_1

InnerGarden_1

全ての空間に面する中庭は、住まいの景観を作り出している。エントランスへのアプローチの空間演出にもなっている。

InnerGarden_2

InnerGarden_2

全ての空間に面した中庭は、家族のコミュニケーションも楽しくする。

Entrance_2

Living_1

中庭側に配置した吹き抜けのリビング階段が空間にアクセントを加えています。

Facade_3

Living_2

中庭に面した吹き抜けが光の通り道となりリビング全体の明るさを確保しています。