メイン写真メイン写真

北西の2面が公園に隣接する住まい。
土地のパフォーマンスを活かした開放感のあるリビングが魅力の住まいWorks Case#16 鎌倉市W様邸

鎌倉の閑静な町並みで新たな暮らしを始めようと土地探しから始めていた。そこに、北西の2面が公園に隣接する土地との出会い。公園越しには鎌倉の住宅街を一望できる高台の立地。土地のパフォーマンスを活かした開放感のあるリビングが最大の魅力。

【基本情報】

  • 敷地面積/ 208.9m²(63.2坪)
  • 延床面積/110.96m²(33.56坪)
  • 家族構成/大人3人
  • C値:0.2cm² / m²
  • Ua値:0.48W /(m²・K)

「公園に囲まれたポテンシャル」

建築家/石川 昂(アーキテクチャー・ラボ石川昂建築設計事務所)

石川昂 写真

石川氏は、この土地を見た時に大きなポテンシャルを感じた。北西側の2面が公園に面している。しかも、住宅街の公園で人の出入りが少ない。公園越しには鎌倉の街並みが眼下に広がる。このポテンシャルを最大限生かすのが石川氏の最大のミッションとなった。

プライバシーを過度に気にしない住まい手の性格も理解し、北西側に大きな窓を配置するという通常のセオリーと反する思い切った間取りを提案。公園と中庭がシームレスにつながり、まるで公園が自分の庭のように感じる設計とした。週末に友人が遊びに来る光景が目に浮かぶ。石川氏らしい遊び心が満載のバウハウスデザインを代表する住まいとなった。

建築家プロフィール/石川 昂
Living_1

Living_1

吹抜けと開放感のある窓の配置がリビング最大の魅力。

Living_2

Living_2

公園の緑を暮らしに取り込む窓の配置。春は桜、秋は紅葉と四季を感じる住まい。

Facade_1

Facade_1

グレーの塗り壁を基調として窓枠はブラックにし、4つの窓が一つの窓に見えるよう窓と窓の間の外壁もブラックといたしました。シンプル且つダイナミックなファサードとしました。

Facade_2

Facade_2

公園に囲まれた立地を生かした庭を配置し、公園の環境と敷地内の庭が一体感を持つよう隣地とは建物配置を遠ざけ公園とはシームレスにつながるよう設計しました。

Facade_3

Facade_3

駐車場から公園までを見通せる建物配置にすることで街並みに対しゆとりをつくりだす。土間をスキップフロアにすることで多目的な庭を提案。

Atrium Space

Atrium Space

2階のフリースペースからも外に居るかのような開放感を味わえる。小高い立地から鎌倉の街並みが一望。南側の窓からも明るい陽射しを取り込むよう渡り廊下はスノコといたしました。

Stairs

Stairs

リビングのアクセントとしての階段を設計。白の階段がインテリアの上質感をつくりだす。

Out Living

Out Living

アウトリビングは、多目的に使えるよう設計。敷地内の植栽は、公園の緑と同化し借景をリビングに引き込む効果を狙いました。板塀と外囲部シャワーとサーブボードの相性も良い感じ。