メイン写真

メイン写真

  1. 「断熱リフォーム」という選択
  2. 長持ちする住宅 - 住宅の耐久性・資産価値のカギは「断熱性能」
  3. 光熱費が変わる、部屋の性能
  4. 快適に暮らす~健康と長寿と住宅の関係
  5. 物件探しからご相談下さい「物件購入&リフォームのワンストップサービス」
  6. 断熱リフォーム・リノベーションの手順
  7. バウハウスデザインが断熱リフォーム・リノベーションに取り組む理由
メイン写真

1.「断熱リフォーム」という選択

愛着ある家に新たな快適さを

「建て替えようか」「住み替えようか」でも…愛着のあるわが家。長年住み慣れた我が家は、家族の歴史や思い出が詰まった大切な場所です。愛着を持って住んだ家にこれからも長く快適に暮らすために、ひとつの選択肢として「断熱リフォーム」を検討してみませんか?

「断熱」で実現する快適空間

高気密・高断熱の高性能住宅で培ってきた当社の施工技術が『夏は涼しく、冬は暖かい』室内環境を実現し、家中どこにいても心地よい室温が保たれ、家族が一年中快適に過ごせる空間をご提供します。

写真1

2. 長持ちする住宅
住宅の耐久性・資産価値のカギは「断熱性能」

住宅寿命と資産価値

住宅が結露やカビによる老朽化に陥ることなく長持ちするのは室内温熱環境が大きく影響します。先進国の『滅失住宅の平均寿命*』を比較したデータでは、アメリカの住宅が約66年、イギリスの住宅が約80年であるのに対し、日本の住宅は約32年でした。確かに「築30年」を越えると「土地の価値しかない」「建て替えないと住めない」という印象、すなわち日本の住宅寿命は他国に比べて短く、築年数が一定の限界を超えると価値が低下すると感じられる傾向があるということです。では、なぜこんなに平均築年数の差が開いているのでしょうか?

メイン写真

断熱性能が耐久性・資産価値の向上に繋がる

日本の住宅と諸外国の住宅との規制の大きな違いのひとつに「冬場の夜間の室温」の規定があります。

地震大国の日本では「耐震性能」はよく研究されており、実際の新築時にも耐震の規制があり、構造計算等も用いられている一方で、住宅内の「温熱環境(室温)」に関する規制はありません。

しかし、イギリスをはじめ、アメリカやドイツ、フランス、スウェーデンといった諸外国には『暖かい室温は人権のひとつである』という思想があるほど、健康を考慮し『断熱性能』(壁体内結露のリスクの低減)に重点を置いており、これが住宅の耐久性と資産価値向上に繋がっています。実際、高断熱の住宅は中古市場でも一般的な住宅と比べて高値で取引されています。

断熱リフォーム・リノベーションのご相談はこちら

3. 光熱費が変わる、部屋の性能

断熱リフォームは将来への賢い投資

断熱リフォームにより、エネルギー効率が向上し電力消費量を低減、毎月の光熱費を削減することができます。断熱リフォームは、これからの日々の経済的負担を軽減できる、将来への賢い投資とも言えるのではないでしょうか。

住宅の断熱性能で、光熱費が大きく変わる

例えば、家庭の電化製品の中で最もエネルギーを必要とするのがエアコン。近年では国や自治体でも省エネエアコンの補助金制度を設け、設置の促進を図っていますが、実は冷暖房の電力消費量は、省エネエ アコン(エアコンの性能)だけでなく、設置する部屋(住宅)の『断熱性能』も大きく影響しています。

写真1

住宅の断熱性能と電力消費量との相関データでは、1980年(昭和55年)以前の断熱基準の住宅で、6畳の部屋に必要な暖房出力は2500w。それに対し、1999年(平成11年)の断熱基準の住宅では、6畳の部屋に必要な暖房出力は665wと大きな開きがでており、省エネエアコンの導入と合わせて「断熱リフォームによる断熱性能の向上」が長期的な光熱費削減への鍵だということがわかります。

「最近、電気代が高いな」と感じたら、まずは今お住まいの家が何年の省エネ基準に適合して建てられているのか?を確認してみましょう。

4. 快適に暮らす
健康と長寿と住まいの関係

メイン写真

耐久性と資産価値

愛着ある住まいをもっと快適で健康的な空間へと変えるために、私たちは省エネという観点だけでなく住む人々の健康にも深く考慮しています。

『断熱リフォーム』をすることで、部屋間の急激な温度差をなくし、ヒートショック(血圧の急変動)のリスクを大幅に減少させます。冬場の低温や急激な温度変化による健康リスク*から家族を守ります。また、室内の温度と湿度を調節しやくすることで、カビやダニ、ウィルスが繁殖を防ぎ、これにより家族の 健康と快適性を提供し、長期的な健康維持に寄与します。

私たちは『断熱リフォーム』を通して、光熱費の削減だけでなく、健康、快適性というプライスレスな価値をご提案します。

*WHO(世界保健機関)では、「住まいと健康に関するガイドライン」において、寒さによる健康影響から居住者を守るために必要な室内温度として、18℃以上を強く勧告しています*。部屋間の温度差はヒートショック(血圧の急変動)を引き起こす原因になります。ヒートショックは一過性の意識障害を生じ、転倒や浴室での溺死などに繋がるケースも多く報告されています。また、英国保健省の冬期室内温度指針では、18℃以下の低い室温では、循環器系や呼吸器系にも悪影響が出ると指摘しています。

*WHO Housing and health guidelines(https://www.who.int/publications/i/item/9789241550376

私たちの使命は、ただ単に住まいを断熱改修することではありません。皆さまの愛着のある家を、長く快適に暮らせるコンディションに保ち、ご家族が安心して健やかな生活を送れる場所にすることです。

そのために日々、最新の情報と知識を更新し、横浜で培った高性能住宅の施工技術で、大切な皆さまの住まいの価値を高める、最適なリフォームプランをご提案しております。

イメージ3
断熱リフォーム・リノベーションのご相談はこちら
メイン写真

5. 物件探しからご相談ください
物件購入&リフォームのワンストップサービス

イメージ4 イメージ5

バウハウスデザインは、リフォーム等の施工だけでなく、不動産売買取引を行う宅建業者としての機能も備えています。現在のお住まいの断熱リフォーム・リノベーションのご相談に限らず、既存の中古住宅や中古マンションを購入して、断熱リフォーム・リノベーションを行うまで一括でのご相談を承っております。「これから物件探し」という方に、事前に物件選びのポイントもご案内しております。

6. 断熱リフォーム・リノベーションの流れ
全棟気密検査実施の重要性

現在のお住まいをリフォームする場合

  • STEP
    現況確認
    現在のお住まいについて、目視による確認を行います。戸建ての場合は、外回りのクラックや劣化状況、シロアリや雨漏り跡の有無なども確認します。マンション・リフォームの場合は、独断で動かすことが出来ない部分があります。特に室内の梁や配管経路の位置などが重要です。
  • STEP
    要望相談
    現況を踏まえて、リフォームをご希望の箇所やリフォームの目的、ご予算など、ご要望をお伺いいたします。
  • STEP
    お見積
    現況確認とお伺いしたご要望を踏まえて、工事に必要な材料や作業を積算の上、概算にてお見積もりを作成いたします。
  • STEP
    ご提案
    現況確認とご要望を基に、最適と考えらえるプランをご提案いたします。この1stプランをもとに打ち合わせを重ね、変更や修正を経て、最終的にご判断いただきます。
  • STEP
    ご契約
    ご検討の結果、工事に入る場合は、ご契約書を締結させていただきます。
  • STEP
    施工
    ご契約時のプランに沿って、リフォーム工事を行います。
  • STEP
    完了確認~工事完了
    工事完了後、お客様に施工状態をご確認いただき、ご納得いただいた上で工事完了となります。

中古物件を購入してリフォームする場合

  • STEP
    要望相談
    物件を購入してリフォームを施してお住まいになる場合は、物件購入にかかる費用や、リフォームに掛けたい費用などの割り振り作業が必要です。まずは、どんな場所で、どんな暮らしがしたいのか?等のご要望をお伺いしながら、一緒に計画を考えて参ります。
  • STEP
    物件探し
    弊社の担当者から、不動産のプロが物件を探す場合のポイントなどをお伝えして、お客様が物件を探せるようにサポートいたします。また、ご希望に応じて物件のセカンドオピニオンや物件のご紹介も承っております。
  • STEP
    お見積
    物件ご購入のための諸経費や、リフォームのお見積りを算出してご提示いたします。
  • STEP
    ご提案
    ご購入物件に最適と考えらえるプランをご提案いたします。この1stプランをもとに打ち合わせを重ね、変更や修正を経て、最終的にご判断いただきます。
  • STEP
    ご契約
    ご検討の結果、ご購入と工事へ進まれる場合は、物件のご購入とリフォームのご契約書を締結させていただきます。リフォーム工事の着手は、物件のお引き渡し後となります。
  • STEP
    施工
    ご契約時のプランに沿って、リフォーム工事を行います。
  • STEP
    完了確認~工事完了
    工事完了後、お客様に施工状態をご確認いただき、ご納得いただいた上で工事完了となります。
断熱リフォーム・リノベーションのご相談はこちら

7. バウハウスデザインが
断熱リフォーム・リノベーションに取り組む理由

ストック住宅の活用

スクラップアンドビルドの持ち家政策を掲げ続けてきた日本の住宅市場は、成熟期に入り、すでにストック住宅の数は、総世帯数*を超え、空き家問題なども生じています。

バウハウスデザインが新築住宅事業に取り組む目的は、住宅不動産の資産価値(リセールバリュー)の向上です。長期間にわたり居住することが可能な住宅性能を備えた住宅を地域に提供していくことです。

住宅を保有している個人の資産形成の観点から、すでに購入し、居住している住宅不動産の価値を少しでも向上させ、快適に生活(居住)できる住宅になるよう、断熱リフォーム、リノベーションに取り組んでいきたいと考えています。

建築家の意匠設計と省エネ性能の実績

バウハウスデザインでは2001年の創業以来、建築家の意匠設計と熟練の施工技術で省エネ性能の高い住宅を提供して参りました。土地のもつ潜在的なポテンシャルと施主様の暮らしを読み解いた建築家の意匠設計は、将来にわたって残す価値のある空間デザインであるとともに、省エネや換気を熟知した住宅を生み出すものです。また高性能住宅に設計力は不可欠ですが、それだけでは実現しません。図 面を具現化する工務店や職人の施工技術があってこそ実現していくものです。

バウハウスデザインはこの思想のもと、断熱性能や耐久性が高い・資産価値のある住宅を提供してきましたが、新築に限定せず、既存の住宅の価値も高めるため、リフォーム・リノベーション事業に取り組んでいます。

*日本の既存住宅(ストック住宅)とは、中古住宅の物件を指します。

  • 既存住宅総数(約6,063万戸)
  • 居住中住宅ストック総数(約5,362万戸)
  • バリアフリー・省エネの両方を満たす住宅(約200万戸)
  • バリアフリー・省エネのいずれかを満たす住宅(約1,300万戸)
  • バリアフリー・省エネのいずれも満たさない既存住宅(約2,200万戸)…リフォームによる性能向上
  • 昭和55年以前の住宅(約1,500万戸)…建て替えによる対応
  • 空家(約850万戸)

(平成30年現在)

バウハウスデザイン
断熱リフォーム・リノベーションの
お問い合わせ / ご相談

以下のフォームより必要事項をご入力の上、送信してください。後日、改めて担当者よりご連絡をさせていただきます。
※なお水曜は定休日のため、回答・ご連絡は翌営業日となりますので予めご了承ください。

セキュリティの関係上、hotmail以外の別のメールアドレスをご用意ください。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

当サイトからのお客様の個人情報の送信はグローバルサインのSSL暗号化により保護されていますので、安心してご利用ください。

必須お名前
フリガナ
必須メールアドレス
必須メールアドレス(確認用)
必須電話番号

日中ご連絡が取れる番号をご記入ください。)

必須郵便番号
必須ご住所
相談内容必須

※1個以上必ずチェックしてください。(複数回答可)

ご用件

(同業者や教育関係者等、リフォーム・リノベーションご検討の方以外の場合は別途ご案内させて頂きますので、
その旨をご記入下さい)

お客様の個人情報、お寄せ頂いた内容は厳重に取り扱います。お寄せ頂きました内容は、お客様へのお返事ならびに、当社のサービスの提供に生かすためのもので、それ以外の目的で使用することはございません。

また、お客様からご提供頂いた個人情報を尊重し、プライバシーの保護に努めております。詳しくはこちらの プライバシーポリシー をご覧ください。お問い合わせ頂きました内容によっては、回答に日数をいただくこともございます。ご了承ください。